印象をただよう告解部屋

キラリと思い浮かんだことあれこれ

【弾き語り】宇宙にストーリーを描く。うちゅうひこうしのうた/坂本真綾

こんばんは。Clariceです。

今宵は、坂本真綾さんによる宇宙旅行に出る夢の内容を歌った楽曲です。

2003年に、NHKみんなのうたで放送されていました。


ピアノ弾き語り用の楽譜を使用して歌ってみました。

伴奏のメロディが繊細で美しいです。何度かミスりましたが;つД`)


◇「うちゅうひこうしのうた」
作詞:一倉宏
作曲・編曲:菅野よう子
歌:坂本真綾

youtu.be

星空、さらにはもっととんで宇宙に物語を見出すのって素敵ですね。

私はそのために夜景を見に行ったり、プラネタリウムに行ったりするのが好きです。

この曲の間奏部分で、三拍子の部分がありますが、あのパートはもはや愛しささえあります…!

「うちゅうひこうしのうた」は、詩的で絵本のような曲です。

夢で宇宙飛行士になり、宇宙から地球をながめるという物語。

地球で待つ農夫の「あなた」に語りかけるっていうのが、なんだか可愛いです。

トマトやレタスの匂い、という歌詞が入っていたり、おみやげに火星のかけらを持って帰ったり。


ぜひ坂本真綾さんの歌声の、原曲を聴いていただきたいですʕ´• ᴥ•̥`ʔ


私は空想癖があるので、こういう夢想的な不思議なストーリーが歌になっているというのに、安心を覚えます。

幻想文学が好きなのも、そういう理由からかもしれません。


最近読んでいるのはボルヘス氏のアンソロジー『夢の本』。
(『砂の本』が好きだったので、タイトルを見て思わず購入しました)

気になっているのはイサク・ディネセン『七つのゴシック物語』。

備忘録として書き残しておきます。



f:id:Lavandula-pinnata:20211218122105j:plain





今日も最後まで読んでくださりありがとうございました!(^^♪
PVアクセスランキング にほんブログ村


スポンサードリンク
プライバシーポリシー