印象をただよう告解部屋

キラリと思い浮かんだことあれこれ

映画『ミッドナイト・イン・パリ』を観た感想。1920年代のパリにタイムスリップする作家の物語が最高だった。

フランス版バック・トゥ・ザ・フューチャーのような作品だった。
終始、お洒落なテーマソングが流れ、20世紀前半の芸術家が集うパリの街並みが心地よい。
この記事はおすすめしたい映画の紹介として、オチに関するネタバレなしで綴っていきたい。

f:id:Lavandula-pinnata:20200807134754j:plain

ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗してパリを訪れる。彼はハリウッドで売れっ子脚本家として成功していたが、作家への夢も捨て切れずにいた。ロマンチストのギルは、あこがれの作家ヘミングウェイや画家のピカソらが暮らした1920年代の黄金期のパリに郷愁を抱いており……。(外部リンク シネマトゥデイより)

あらすじ

20世紀前半の古き良きパリに憧憬を抱く作家ギル。
ギルは婚約者一家とパリ観光中のある晩、酒に酔い、パーティの帰りでひとり道に迷ってしまう。

途方に暮れ、腰を下ろすと、0時に教会の鐘が鳴り、何やら古めかしい馬車が止まる。
乗客に誘われるまま、馬車に乗り込むと、着いた先は憧れの1920年代のパリのパーティ会場だった。

そこで、作家のフィッツジェラルド夫妻と出会い、一緒にナイトクラブを転々とする。
その先で、ギルが敬愛する作家ヘミングウェイと出会い、自身の小説を批評してほしいと願う。

しかし、小説を取りに滞在中のホテルへ戻ろうと店を飛び出すと、いつの間にか現代のパリへと帰ってきていた。

翌朝、婚約者のイネスに昨夜の出来事を伝えるが、相手にされない。
どうも、結婚間近にして、二人の雲行きが怪しかった。
それからというもの、毎夜ギルはいつもの場所で馬車を待ち、1920年代のパリの街へと繰り出すのだった。

感想

現代の昼のパリ、そして1920年代の夜のパリの景色が、交互に入れ替わるストーリー構成が最高だ。
コメディ仕立てで、思わずニヤリとしてしまうような場面がたくさんあった。

個人的に面白かったのは、
ボクシングだ、と騒ぐヘミングウェイ。愛人のモデルを巡って、必死になるピカソ

また、悩むギルと居合わせたサルバドール・ダリがいい味を出していた。
真剣に「自分は2000年代の未来から来たのだ」と相談しても、シュールレアリスム的解釈で画家仲間らと議論を始めるのが可笑しかった。

そんなに映画を何度も観ることはないのだが、この映画に限ってはアマゾンプライムで二度観た。
ノスタルジーの気持ちに寄り添いながら、前を向けるような素敵な映画。

最後に、素敵だと感じた台詞を。
過去にて、美しいモデルの女性とパリのすばらしさを語る場面にて。

「昼のパリも夜のパリも美しくて」
「ああ、選べないよ。どっちがいいか議論しても 決着はつかない。
 時々思うけど どんな小説も 絵画も 交響曲も パリには かなわないよ。
 だって この街は―どの路地も大通りも 芸術品だから」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今日も最後まで読んでくださりありがとうございました(^^♪

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

大阪市立美術館「フランス絵画の精華」展、館の感染対策&鑑賞レポート

「フランス絵画の精華 ルネ・ユイグのまなざし―大様式の形成と変容」
大阪市立美術館 (会期:2020年5月26日/火~8月16日/日)
※コロナの影響のため会期延長後のものを記しています。


f:id:Lavandula-pinnata:20200803123920j:plain


ひさびさの美術鑑賞でした。
今の時期に行くべきか、と迷いましたが、予防に万全を期して行ってまいりました。

美術館側でも対策をしておられました。
その実情も込みでレポートをしていきます。

(ひとつ断っておくと、このブログの筆者は専門的な美術の知識があるわけではありません。しかし、学芸員資格を取得しているため、視点がどうしても展覧会としての質に偏ってしまいがちですが、悪しからず…)

*入館まで*

大阪市立美術館の場所は、JR・大阪メトロ天王寺駅から約400mのところにあります。

文化施設が密集している場所なので、地図が至るところに設置されていました。

スマホの地図がなくてもたどり着けます。

天王寺公園を通り抜けると、すぐ見えてきました。

f:id:Lavandula-pinnata:20200803124043j:plain

人の流れはありませんでしたが、案内板に従って、導かれるように入口へ。
チケット購入などの列はありませんでした。待ち時間もなく、万事スムーズで快適でした。

f:id:Lavandula-pinnata:20200803123959j:plain

入り口では、サーモグラフィー機能を搭載したカメラの前を通り、発熱がないかのチェックがありました。
また、マスクを着用していないと、入館できません。

アルコール消毒も導線上に置かれていました。


f:id:Lavandula-pinnata:20200803124535j:plain

館内の人はそんなに多くない印象でした。
午後3時頃に観始め、一時間ほどかかって回りました。

館内には、「距離にご注意」と書かれたプラカードを持ったスタッフの方が各部屋におられました。

これいいですね(*'ω'*)
美術品への距離が近すぎる人にも、密地帯にも有効ですから。
心なしか、平常時よりも館員の方々、マナーの悪い人には積極的に圧をかけておられた印象です。

*鑑賞レポート*

本展では、フランス絵画の最も偉大で華やかな3世紀をたどります。17世紀の「大様式」と名づけられた古典主義から、18世紀のロココ、19世紀の新古典主義ロマン主義を経て、印象派誕生前夜にいたるまでの時代です。ヴェルサイユ宮殿美術館やオルセー美術館大英博物館スコットランド・ナショナル・ギャラリーなど、フランス、イギリスを代表する20館以上の美術館の協力のもと、油彩画、素描あわせて約80点の名品が集結しました。

今回、嬉しかったのは王立絵画彫刻アカデミーに出入りしていた画家らの作品が多く観られたことです。

印象派画家が好きで、そのあたりの歴史について調べるのが好きなのですが、この時代のこれだけ多くのアカデミー側の絵を鑑賞したのは、正直初めてでした。

なるほど、こちらの端正な絵を見ていると、印象派がいかに異端として取り沙汰されたか…想像に難くありません。

終盤でエドュアール・マネの「散歩」(1880頃)という絵が展示されていたことに、美術史の流れを感じました。
f:id:Lavandula-pinnata:20200803132651j:plain

そして、その日一番驚いたのは、今回の目玉作品の展示室では、撮影許可が下りていたことでした!!
以下の二作品がそれにあたります。

f:id:Lavandula-pinnata:20200803124357j:plain
エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ルブラン
「ポリニャック侯爵夫人」(1782)
ヴェルサイユ宮殿美術館所蔵

《ルブランは、マリーアントワネットお抱えの女性画家です。
薔薇色の頬、愛らしい瞳を描くルブランのタッチは、なるほど女性受けしそうです。
今の感覚で見ても、可愛らしい!と思います。》


f:id:Lavandula-pinnata:20200803124516j:plain
ジャン=アントワーヌ・ヴァトー
ヴェネチアの宴」(1718-1719頃)
エジンバラスコットランド・ナショナル・ギャラリー

《「シテール島の巡礼」でお馴染みのロココ時代の巨匠ヴァトーです。
多数の男女が集う、甘くけだるい宴の様子。それにしても、ドレスのサテン生地の光沢がすんごく綺麗。》


この撮影許可の下りた展示室、感染対策は関係あるのかどうかわかりませんが、みなさん写真だけ撮ってさっさと立ち退くものですから、混雑なく進んでいました。この上ない感染症予防です。

というか、こんな場面、かつて見たことないです。

目玉作品といえば、前列で見たい人と後列でもいい人の二重の長い列ができているイメージでしたから。

撮影不可の部屋とは打って変わって、絵画もキャプションも撮影して終わり、とは。

かくいう私も大喜びで撮影した人間なので、何も言えませんが…

さすがに本物の持つ価値、というものについて考えさせられる時間でした。

*最後に*

f:id:Lavandula-pinnata:20200803135711j:plain
今回、見つけたお気に入りの画家は、ジャン=バティスト・パテルです。
「水浴の女たち」(1721)という絵のポストカード買ってしまいました。
この絵のお気に入りポイントは、水辺とロカイユ調の建物の構図です。
色々なモチーフが空間にバランスよく描かれた絵に惹かれてしまいます。

なんだかんだありましたが、やはり芸術鑑賞はいいな、と思いました。
思い切って来て、良かったです。

とはいえ、今後も入念に混雑状況などの下調べをして、しっかり予防・対策しつつ行動しないとな、と思いました。

今日も読んでくださり、ありがとうございました(*'ω'*)

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

イタリア・ルネサンス期、メディチ家の出からフランス王妃となったカトリーヌ・ドゥ・メディシスの魅力を堪能する― 佐藤賢一『黒王妃』の感想

佐藤賢一『黒王妃』集英社(2020)

f:id:Lavandula-pinnata:20200802233556j:plain

彼女は死ぬまで黒衣を愛した──。
現代に続くファッションの礎を築いた王妃カトリーヌ・ドゥ・メディシス(1519-1589)

ルネサンス期、フィレンツェで生まれたカトリーヌ・ドゥ・メディシス。政略結婚でフランス王家に入り、やがて王妃となるも、夫アンリ二世の心は愛妾ディアーヌにあり、宮廷では平民の出と蔑まれる。だが、カトリーヌは料理や服、化粧品などに卓越したセンスを発揮し、宮廷での地位を上げていく。そして、遂に権力の頂点に君臨するが……。現代に続くファッションの礎を築いた王妃の素顔に迫る長編。

1か月ほどで読了した。500ページちょっとで、なかなかボリュームのあった印象。
だが、この本を開く通勤時間が楽しみになるくらい「これぞ求めていた歴史小説!!」という風で、面白かった。


目次

著者について

山形県鶴岡市に生まれる。山形県立鶴岡南高等学校卒業。山形大学教育学部卒業。東北大学大学院文学研究科西洋史学専攻修士課程修了。同フランス文学専攻博士課程単位取得満期退学。1993年在学中に『ジャガーになった男』で第6回小説すばる新人賞を受賞。1999年『王妃の離婚』で第121回直木賞を受賞。2005年1月から新聞連載を開始した『女信長』では、初めて日本史にも挑戦した。2014年『小説フランス革命』で第68回毎日出版文化賞特別賞を受賞。

まずこの本を手に取った時、16世紀のカトリーヌ・ドゥ・メディシスの時代という歴史背景のものすごく複雑な部分を書くなんて、この著者はただものじゃないな、と思った。

なぜなら、現在イタリアとなっている半島の都市国家群・フランス・スペイン・イングランドスコットランド神聖ローマ帝国が群雄割拠し、政略結婚に次ぐ政略結婚で…もうヨーロッパがえらいことになっているからだ。

しかし、後でよくよく調べてみると、大学院にて西洋史を専攻されていた、という経歴の持ち主で納得した。
かくいう私も西洋史を専攻していたので、西洋史概論ではカトリーヌ・ドゥ・メディシスについて論ずるテストに苦しめられた。。

感想

この本の魅力は、なんといってもカトリーヌのリアルな心理描写にあると思う。
著者が男性であることに驚きを禁じ得ないほどの、繊細でユーモラスのある痛快な女性の心情が巧妙に描かれている。
軽快な語り口がとにかく好きなので、この文体は非常に相性が良かった。

例えば、以下の文なんか、思わず笑ってしまう。

「なんとでも、おいいなさい。私なら平気です。なにしろ人殺し呼ばわりだって、これが初めてじゃありませんからね。だいたい、ドイツ人が活版印刷なんてものを発明してから、下らない本が刷られすぎるんです。…」

「本当に腹が立つ。マリー・ステュアール(息子嫁のメアリ・スチュアート)、ぶってあげるから、ちょっと来なさい。…」

「母親というものは絶対なんです。フランスでも、イタリアでも、世界中のどこだって、それは変わりありません。いえ、イタリアの男なんか、もっと母親べったりですよ。結婚してもマンマ、マンマで、しばしば新妻に癇癪を起されるくらいです。…」

しかし、これらもほんの一部分にすぎない。
アンリ二世の治世では、宮廷において慎ましく、謙虚であると評されるカトリーヌであるが、作中の一人称にて、なんとも人間臭い痛快な心情を次から次へと吐露する。

特に、夫アンリ二世の寵姫であるディアーヌ・ドゥ・ポワティエへの鬱憤は、何度も強調されて描かれている。

ディアーヌといえば、年上でありながらアンリ二世を射止めたという歴史上誇り高き貴婦人として伝説の美女扱いだが、正妻であるカトリーヌからすれば、とんでもなく嫌な存在だったことがわかる。

ディアーヌを溺愛するフランス国王アンリ二世が、どこにでも彼女を連れていくあまり、宮廷では「三人世帯(メナージュ・ア・トロワ)」などと呼ばれ、カトリーヌの屈辱がひしひしと伝わってきた。

そんな逆境のなかでも、挫けずに、うまく立ち回る処世術を駆使するところは、女の鏡というほかない。

高い教養を身に着けながらも半島からフランス王室に嫁いでからは、メディチ家の出自ということを「おみせやさんの娘」と揶揄され、肩身の狭い思いをしていたカトリーヌ。

しかし、半島から持ち込んだ最先端の文化と自らの頭の良さを武器に、宮廷の女性たちをたちまち懐柔してしまうのだから、さすがである。

コスメ、香水、食文化、テーブルマナー、ランジェリー、占星術…そういえば、かのノストラダムスもカトリーヌに召し抱えられていた。

解説にもあったが、現代女性の興味対象に通じるものばかりだ。


f:id:Lavandula-pinnata:20200802232924j:plain


コアな歴史小説を読んでいたはずが、いつの間にか女性としての世渡り術を学んでいるような気分になっていた。

もちろん、カトリックプロテスタントが火花を散らし、各地で宗教戦争が巻き起こっていたこの時代について、一連の流れと知識の補強にもなった。

きらびやかな宮廷ばかり描かれているわけではない。
物語を通して血なまぐささがある。
見せしめの公開処刑があり、虐殺がある。
鉄砲が戦に取り入れられるようになり、戦争のしかたも変わっていた。
そういう時代だと思い知らされる。

今一度、世界史の図説でも開いてみようかと思った。

今日も読んでくださりありがとうございました。ではまた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下のランキングに参加しています。下記のバナー押して下さったら大変励みになります(^^♪

PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

物語を紡ぐという趣味

皆さん、こんにちは。

実は、少し前から小説を書くことに手を出していました。告解です。

Twitterを見ていただいている方はご存知かもしれません)


f:id:Lavandula-pinnata:20200711004428j:plain


中学生時代に、趣味で書きためていたノート7冊分にわたる(!?)長編ファンタジーです。

ノートに手書きで書いていたものを、デジタルに残したいという思いがあり、これを機に小説サイトに投稿してみようかなと。

文法や誤字が本当にひどかったので、目が痛いなぁと思いながら、今の視点で書き直しています。

中学生のときの自分と対話しているようで、これはこれで面白い作業ですが…

思わず過去の自分に向かって、勉強しろよ、と思います。笑(国語の勉強にはなっていたのかな…)

この密かな趣味、高校時代も続いていました。

文系のクラスだったので、周りに同じように創作が趣味の友達がいて、一緒に作品を見せ合ったり…楽しかったですね。

にしても、こんな膨大な量、いつ書いてたんだろう?と純粋に疑問です(;^ω^)

昔から好きなことには、猪突猛進なところがあります。。この情熱、会社で仕事に活かせたらなぁ。笑

未だ全然読まれていませんが、第一章が完結したので、こちらにてリンクを張らせてもらいます。

「蒼乃モネ」というペンネームで活動してます。

もし、ファンタジー作品が好きな方がおられましたら、覗いてみてください(^^♪
ゲームのRPGや世界史の要素が色濃いです。。

最新話の更新は、Twitterの方で告知しています。


『聖獣の庭、あるいは忘却曲線

kakuyomu.jp
カクヨム

https://ncode.syosetu.com/n2487gk/
小説家になろう

以上の2サイトに投稿しています。投稿頻度、内容は同じです。

気軽に遊びに来てくださいね(^^♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

夜勤勤務もあと少し。ちょっぴり切ない夜。

ちょっとした報告と雑談です。

ついに来月を最後に、夜勤をやめることになりました。

心身ともに限界、とまではいきませんが、いい機会があり、部署の移動を受ける形で。


f:id:Lavandula-pinnata:20200731122500j:plain


嫌なこともたくさんあったけど、人に恵まれたなぁ、と思います。

ついつい嫌なことばっかりに心が集中してしまってました。今になって好きだった仕事や周囲の人の存在を痛感しています。

パートさんたちには昼勤も夜勤もお世話になりました。
こんなに頼りないのに、頼ってくださって、世代を越えた方々ともお話しできたのは本当に楽しかったなぁ。

寂しくなる、とか、なんでよりによってあなたなの、とか。鳥肌がたってしまったとか。

悲しいけど、今までのご褒美のようで嬉しかったです。

特に、社員の直属の先輩には感謝しきれないほどお世話になりました。
よく飲み物を奢ってもらったり、話してもらったなぁ。
もちろん、仕事のこともたくさん教えてもらいました。

離れるとなると、急に愛惜が止まらなくなるのは切ないです。

夜勤もしんどかったけど、仕事の合間にパートさんと話したり、休憩時間に同期の友だちと語り合ったの、楽しかったです。

夜勤と被ったクリスマスは、数人で集まってプレゼント交換しました。

夜勤と被った誕生日は、同期のこがホールケーキ(!?)を会社の冷蔵庫に準備してくれていたり。

そして、昨夜は仲良しの同期3人で、ささやかなお疲れ会をしました。短時間でさくっとです。

f:id:Lavandula-pinnata:20200731130627j:plain


8月から、つまり明日から皆ばらばらになってしまいます。これからも、いい戦友で、という感じ。

いつも通り楽しかったけど切なくて帰り道で、ほろっとしてしまいました。

8月からも体調に気をつけながら、ますます頑張りたいです。

もちろん、このブログを読んでくださっている皆様にもいつも支えられています。

感謝の気持ちでいっぱいです(^-^)


PVアクセスランキング にほんブログ村

ノスタルジーの魔法。京都の空。

こんにちは。

関西は相変わらず雨続きですが、夕焼けがとても綺麗だったので、写真を撮りました。


f:id:Lavandula-pinnata:20200726150614j:plain


昨日は大学時代の友人Kとふたりで京都の街を歩いていました。

Kは、まるで作家・森見登美彦の世界みたいだと言っていました。

森見登美彦、といえば『夜は短し歩けよ乙女』や『四畳半神話大系』の作者さんです。
お恥ずかしながら、未だそれらの作品を読んだことがありません。
f:id:Lavandula-pinnata:20200726151922j:plain

それを言うと、Kは早く読んだほうがいいと言いました。はい、早く読みます。

f:id:Lavandula-pinnata:20200726150749j:plain
京都文化博物館の外観。レトロモダンです。

他にも、おすすめの雑誌などについて教えてくれました。
Kは、持ち物から趣味まで本当にセンスがいいのです。

Kいわく、雑誌のレイアウトを見るのが好きなんだと。
確かに、写真の位置や文字の多さ、フォントにはセンスが問われますもんね。
なるほどな、と思いました。

私は雑誌といえば、ファッション誌や美容系雑誌しか読んできませんでした。

そんな私に、「カルチャー系の雑誌は月ごとに特集が凝っていて面白いんだよ」と教えてくれました。
確かに過去の特集を見ると、ミュージアムや、ライフスタイル、読書、アミューズメントパークなど興味深いものばかりでした。

また新たな扉を開いてしまいそう。
今度、本屋さんで探してみようと思います。

f:id:Lavandula-pinnata:20200726150843j:plain
カフェにあった思案する天使の置物。可愛い。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます(^-^)

PVアクセスランキング にほんブログ村

まるで熱に浮かされた夢のよう。精緻な幾何学の幻想世界へ― 山尾悠子『夢の遠近法』を読んだ感想

山尾悠子『増補 夢の遠近法 初期作品選』/ 筑摩書房(2014)


f:id:Lavandula-pinnata:20200723095011j:plain

「誰かが私に言ったのだ/世界は言葉でできていると」―未完に終わった“かれ”の草稿の舞台となるのは、基底と頂上が存在しない円筒形の塔の内部である“腸詰宇宙”。偽の天体が運行する異様な世界の成立と崩壊を描く「遠近法」ほか、初期主要作品を著者自身が精選。「パラス・アテネ」「遠近法・補遺」を加え、創作の秘密がかいま見える「自作解説」を付した増補決定版。


目次

収録話

「夢の棲む町」
「月蝕」
「ムーンゲイト」
「遠近法」
パラス・アテネ
「童話・支那風小夜曲集」
「透明族に関するエスキス」
「私はその男にハンザ街で出会った」
「傳説(でんせつ)」
「遠近法・補遺」
「月齢」
眠れる美女
「天使論」


著者について

1955年、岡山市生まれ。同志社大学文学部国文科卒業。75年、「仮面舞踏会」(「SFマガジン早川書房)でデビュー。『飛ぶ孔雀』で、2018年、第46回泉鏡花文学賞、2019年、第69回芸術選奨文部科学大臣賞、第39回日本SF大賞受賞。

夏目漱石芥川龍之介と同時代に活躍した、泉鏡花(1873-1939)をはじめとする幻想作家に影響を受けたという著者。
同志社大学在学中、京都で過ごしてきた時間が作品にも鮮明に著されている。(本作収録の「月蝕」「天使論」等)

私も縁あって、大学時代は京都、今出川にある同志社大学に出入りしていたので、ありありと情景が浮かんだ。
明治時代の洋館のようなレンガ造りの校舎があり、礼拝堂がある。そして、門を出ると御所のある景色だ。

山尾さんは、この本に収録されている作品を同大学在学中に執筆していた、ということに驚いた。
世代が違うとはいえ、同じ風景を見ていても、こんなに視えていた空想世界が違うなんて…と。

感想

本作は、初期作品選ということで、原点回帰のような気分だった。当然のように、素朴で勢いのある印象を受けた。
でも、いちばん好きかもしれない。

ずっとあとに書かれた装飾たっぷりの優美な『歪み真珠』、『ラピスラズリ』を先に読んでしまっていたのだ。

(なお、この両作品も好きすぎて当ブログで何度も語らせていただいている。)

なんといっても、今回の本には、巻末に著者の「自作解説」がついていたので、一話一話の物語と併せて読めたのが大変心強かった。

今回の記事のタイトルに書いたように、「まるで熱に浮かされた夢のよう」な物語の数々だった。
とにかく私はこの手の世界観が大好物なのだ。

散文詩のような、もしくは絵画を見ているような感覚で読むことができる。
しかし、決してふわふわと単調な文章の羅列というわけではない。
むしろその逆で、漢字に次ぐ漢字。修辞に次ぐ修辞で精緻に一つ一つの世界が構成されている。

お気に入りの一話を紹介

今回は収録話の中から、一番好きだった「夢の棲む町」の世界観を紹介したい。

「夢の棲む町」より

街の噂の運び屋の一人、<夢喰い虫>のバクは、その日も徒労のまま劇場の奈落から這い出し、その途中ひどい立ち眩みを起こした。劇場が一切の活動を停止して以来、すでに数箇月たつ。ほかの仲間たちはとうに劇場に見切りをつけて、別の河岸へ移っていき、分厚く埃の積もった円形劇場の通路に足跡を残すのは、今ではバクただ一人になっていた。

このような文章ではじまる物語。さっそくセピア色の退廃と幻想の世界へと引き込まれるイメージだ。

「噂」を求めて街を彷徨う<夢喰い虫>のバク。この街は、漏斗状の構造になっており、そのいちばん底に劇場がある。
バクがねぐらにしているのはマダムが取り仕切る、奇妙な娼館だ。
屋根裏にはオリエント風の顔をした天使が詰め込まれ、地下室の水槽には人魚が。鳥籠には侏儒(こびと)が。

街の夜空には、「偽のプラネタリウム」のような星座群が浮かび、白い羽根の降りしきる日もある。
そしてある日、その街の住民全員に贈られた、劇場を統べると噂される<あのかた>からの招待状。
娼館のマダム、娼婦らは、バクや侏儒までも馬車に詰め込み、勇んで劇場を目指すのだった―


はじめて読むはずなのに、奇妙な既視感を覚えるこの感じは何だろう。
圧倒的な文章力によって、たとえば昨夜見た明晰夢のようにくっきりとイメージできるのだ。

現在、山尾悠子さんワールドに、かつてないほど心酔している自分がひとり。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました(^^♪

PVアクセスランキング にほんブログ村

下記のランキングに参加してます。
押してくださったら励みになります!


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村