印象をただよう告解部屋

キラリと思い浮かんだことあれこれ

2021-11-04から1日間の記事一覧

ボルジア一族は情欲と背徳に溺れていたのか?—塩野七生『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』感想

塩野七生『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』新潮文庫(1982)時はルネサンス期。大小の都市国家が群雄割拠するイタリア半島の地で、その統一を果たそうとする男チェーザレ・ボルジア(1475-1507)の生きざまを描いた歴史小説。 十五世紀末イタリア…


スポンサードリンク
プライバシーポリシー