印象をただよう告解部屋

キラリと思い浮かんだことあれこれ

連休明けといわず明日こそサボタージュさせてくれ

こんばんは、Clariceです。

今日は夕方から自分の部署は社員わたし一人だったんです。

今週のお題「サボりたいこと」。



聞きます?今日の恐怖の出来事。

さて今日は定時に帰るかーと構えていたら、内線がかかってきたんですけど。

先日納品したはずの、とある部品が入っていないというクレームが来ていると。

それを今日出荷で発送してくれというカスタマーからの交渉でした。


時間見ると、最終出荷時間の20分前です。

胃がねじり切れるかと思いました。


結局、結果を先に言うと断りました。

上司立ち合いのもと明日発送でと断固譲りませんでした。

とある部品だけ送るというイレギュラーの対応だから、私ひとりの判断で送ったらダブルクレームになるやもしれないからです。

カスタマーの男性はしぶしぶ了承って感じでした。使えねーやつだと思われたことでしょう。。


しかし、夜の仕事終わり掛けって判断がバグることもあるから、押し切られてイエスしていたら、どえらいことになっていたでしょう。

引き上げんと荷物をまとめている配送業者の方や、出荷部門の上司にどやされるのはこっちですからね。

ギリギリは本当に心臓に悪いのです。


20分という超ド短納期は無理だと思います。気がくるってると思います。ハイ。

そんなこんなでモヤモヤしながら、でも本当なら対応すべきなんだろうと思いながら、帰りました。

帰路、珍しく別部署のお友達モノリスちゃんといっしょになりました。

モノリスちゃんは、カスタマーの部門にいますから、仕事では私とはまた違う視点なんです。

でも、私の話を聞いて、ナイス判断だったと思うよ~と言ってくれました。これは彼女の優しさです(;O;)


彼女の立場からしたら、きっとできる限り早く発送をと思う側なんです。

一緒に旅行に行くほどの仲でも、立場が違えば、仕事への考えも違います。

社会って、こういう複雑な関係で成り立ってるんですよねぇ。

みんな仲良く、同じベクトルでなんてのはできない構造になっているんですよね。

でも、思いやることはできるんですよね。

ありがたかったです。


最近は一回りも二回りも年上の方々に指示を出す機会が増えてまして。
朝礼で、一日の仕事内容の指示を出すのです。

人が大勢いれば、全員から好かれるのは無理です。(嫌われる勇気!)

というか、好かれるとか嫌われるとか、そんな問題じゃないですよねぇ。


マキャベリ君主論がごとく「愛されるより恐れられよ」を実践しているように見える上司もいますが。

私はそうはなれないです。


自信のない者が管理者になんてなると、板挟まれてつぶれちゃいますよぅ。

つくづく、自分は管理者には向いてないような気がします~。

割り切るってなかなか難儀ですねぇ。。

修羅場くぐって慣れていくしかないんでしょうかね。。

明日、クレーム対応の待ってる職場に行きたくないな~~~"(-""-)"



スポンサードリンク
プライバシーポリシー