印象をただよう告解部屋

キラリと思い浮かんだことあれこれ

今夜も、印象をただよう

こんばんは、今日もお疲れ様です。

 

Clariceです(^^)

 

何となく、調べてみました、「印象」という語。

 

私のブログの大事なキーワードです。

 

【印象】

①人間の心に対象が与える直接的な感じ。また、強く感じて忘れられないこと。

 

②美学で、対象が人間の精神に直接与える感覚的あるいは情熱的な影響。

広辞苑より)


f:id:Lavandula-pinnata:20210630222059j:image

 

好きな言葉です、印象。

 

文字の形も、雰囲気も好きです。

 

1字ずつ漢字を読むと、少し、古代のロマンを感じるような。

 

あと、淡く優しく、光に満ちた色彩と音色の、芸術作品を彷彿とさせる語です。

 

 

言葉にできない感覚って、ありますよね。

 

子供の頃によく感じてました。

 

大人になると、無理やり語彙に押し込めてしまうんです。

 

感じたことは、時に、そのまま言葉にせずにおくほうが良かったりもします。

 

そうやって、何かに抱いた名もなき「印象」は、自分のなかに堆積してゆきます。

 

 

そういったものが、自分の感じる心地よさや、果てには幸福に思う気持ちを形作るんじゃなかろうか、と思ってみました。

 

真偽のほどはわかりませんが、つまりは自分に正直に、自分の気持ちを大事に、ということです。

 

心のゆとりを持つために、思索を繰り返している夜。

 

いい考えがあれば、また教えて下さいね。

 

それでは、このあたりで。

 

おやすみなさい。良い夢を🌜

 


今日も最後まで読んでくださりありがとうございました!(^^♪


スポンサードリンク
プライバシーポリシー