印象をただよう告解部屋

キラリと思い浮かんだことあれこれ

ノイズキャンセリング、メトロポリス、深海の空想

先日、会社で耳栓を支給された。


ついに認めるときが来てしまったか。

相当な騒音のなかで、業務をしているという事実。


「これ、人の声も聞こえないんでしょうか」

「人の声は聞こえる仕様になってるから大丈夫!」


そんな作りなの!

この日、耳栓というものを初めて手にした。

失くさないように左右がビニールの線で繋がっている。

ああなるほど。首に引っ掛けるんだ。


試しに装着してみた。

すると、どうだろう。

聞こえる。

耳栓など突き抜けて、機械の稼働音。

意味ないじゃないの!!!


しかも、音が余計にこもって、ぼわぁぁぁぁんと。

水の中を潜った時のような感覚で、非常に気が散る。

なんか、深海にいるような。落ち着かない。

人の声が遠くにかすかに聴こえる。

聴力を封じることで、五感のすべてが鈍くなったような気がする。

自我が薄れて、夢の中にいるような。。

となると、自分の悪い空想癖が出てくる。

f:id:Lavandula-pinnata:20210416091103j:plain

騒音のひどいメトロポリス

そのビル群の間をぬって宙を泳ぐグロテスクな深海魚。

ネオンと光のない深海世界が混じりあって溶けて。


ほんの一瞬の出来事。はっと我に返る。

これはだめだ、耳栓を外して引出しに放り込んだ。


そういえば、もっと現場寄りの現場(?)にいる同期に聞いたことがある。

耳栓とかしてる?

してない。上司の指示聞こえないもん。

よく気がおかしくなんないね。

いや、慣れかな。でも、聴力落ちてる気がする。


困るなぁ。

当分はいいけど、長い目で見てどうなんだろか。


これが、労働ということか?

それとこれとは、別問題な気もするのだけど。


スポンサードリンク
プライバシーポリシー